【釣果報告】7月上旬(第二週)サーフにて

2020年7月11日土曜日、宮崎港北側のサーフで釣行してきた報告です。

時刻は16時から。干潮時からのスタートです。

前日まで大雨が続いていたのですが、思っていたほど川からの濁りが影響していない普段の海の有り様でした。

さて、この時期から好調なのがメッキ(エバ)やネリゴ、少し沖狙いでときどきイトヒキアジです。
底の方では、浅瀬にあがってきたキスを捕食しに来たマゴチやヒラメも狙えます。

圧倒的にメッキやネリゴの数が多いので表層狙いになりますが、サーフで投げていればやはり底物も気になるところです。

そこで今回はこちら、

『ヒラメタルZ』

これはもともとヒラメ狙いのジグで、タダ巻きでも大きめのアクションで泳いでくれます。
これを着水してすぐ早巻きすることで、表層をしっかり泳いでくれます。
しかも後方重心なので非常に良く飛びます。
これなら都度ジグを交換することなく、サーフをランガンしながら効率良く表層と底を攻めることができます。

今回のヒラメタルZはおろしたてです。
なにせ底を探るジグは根掛かりしてロストしやすい。
今回のヒラメタルZは、おそらく6代目ぐらい。
毎年1〜3個はロストします。

この日は少し風邪があったのですが、サーフは何故がべた凪。

ターゲットの数が多い表層をメインに、表層3対底1ぐらいの割合で探っていきました。

すると、20投目ぐらいの表層で早速ヒット!

メッキ27cm。
ドラグが中途半端に緩んでいたので、あまり引きを楽しめませんでしたが、久しぶりのヒットで嬉しい1匹。

その後は全く反応無く、納竿前の6時半。
再びヒット!

ヒット直後は少し引きが弱いので、ヒイラギの腹にでも引っかけたかと思いましたが、近くまで巻いてきたら突然左右に暴れ出した。
竿を寝かしながら引き上げたら、

ネリゴ20cm。
港のサビキに希にかかるサイズです。
アジだったら良いサイズですが、ネリゴならあともう10cmほど欲しいので、大きくなっての再会を期待しつつリリース。

底物は、手のひらサイズのヒラメが足下あたりで食いついてきました。
当然リリースしましたが、やはり底ものに有効な「ヒラメタルZ」。
表層、底、オールマイティな「ヒラメタルZ」。
オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です